採用ご担当者の方へお問い合わせ

私の未来、ここにある

先輩ナースのほっとステーション by縁JOYナース部

新卒で訪問看護師ってどうなの?

新卒で訪問看護師ってどうなの?

「新卒で訪問看護師になるのは難しいんじゃないの?」

「新卒で訪問看護師になるなんて無理だよ。」

「新卒で訪問看護師なる人なんていないよ。まずは病院でしょ」


そんな言葉を聞いたことはありませんか?



2021年6月6日(日)にICUの経験の後に訪問看護師をしている筆者(かなこ)と新卒で訪問看護師になったミカヅキモなーしんぐさんとで、Twitterのスペースという機能を使って談話会を開催しました。

看護学生さんからベテラン看護師さんまで、たくさんの人に聞いていただき、好評をいただき、とても嬉しく思っています。

今回、スペースでのお話を聞けなかった人のために、談話会の内容を元に新卒で訪問看護師になったミカヅキモなーしんぐさんのリアルな姿を何回かに分けてお伝えしたいと思います♪


今回は、

・ミカヅキモなーしんぐさんが訪問看護師になろうと思ったきっかけ

・新卒で訪問看護師になるために看護学生のときにやってきたこと

をお伝えします!



・新卒で訪問看護師になりたいという思いのある看護学生さん

・すでに訪問看護師として働いているベテランの看護師さん

・新卒の訪問看護師さんを受け入れたいと思っている方

・興味のあるみなさん

に見ていただけたら幸いです。

 

新卒で訪問看護師になった【ミカヅキモなーしんぐ】さんの紹介

ミカヅキモなーしんぐ(以下「ミカヅキさん」)

現在28歳の男性。

(ミカヅキモの名前の由来は横顔の形が似ているから。本名ではありません!)

高校時代はボディビルダーの全国大会で2位になったこともある筋肉マン。筋トレが趣味。

大学時代は4年間、スポーツジムのトレーナーとして働いていました。

公務員一家に生まれたため、親からの強い勧めで大学卒業後は公務員になったものの、楽しく働くという感覚がなく、やりたいことではないと疑問を感じていました。

訪問看護師になりたいと思ったきっかけ

トレーナーを辞めて公務員になった後もジムに通っていたのですが、そこでたまたま「訪問看護師」に出会います。

元々トレーナーをしていた時から高齢者と関わることが多くあったミカヅキさんは、「訪問看護師」という仕事があることに衝撃をうけます。この出会いをきっかけに、「訪問看護師になりたい!」という思いが生まれ、社会人2年目にして看護師の専門学校に通うことを決意しました。

(ミカヅキさんの人生を大きく変えるきっかけになったその訪問看護師さんは、どこの誰なのかも分からず、今は出会えていないそうです・・・出会えたらお礼を言いたいと話していました!)

 

「新卒で訪問看護は無理」と言われた看護学生時代

ミカヅキさんは、公務員として社会人を2年間経験した後に、「訪問看護師になりたい!」という思いを持って看護師の専門学校に入りました。

最初から「訪問看護師になりたい!」という思いがあったミカヅキさんは、学校の先生からも、同級生からもとてもびっくりされたそうです。


先生には「訪問看護師になるならまずは病院で経験積まなきゃならない」

「新卒で訪問看護師は厳しいよ」と言われ、

インターンシップ訪問看護を1年目で希望したら「1年生は無理」と断られてしまいました。



「新卒で訪問看護は無理」




そういろんなところで言われたミカヅキさんは、逆に悔しくなって、都道府県の訪問看護ステーション協会に直接突撃したそうです。

アポも取らず、いきなり「新卒で訪問看護師になりたい!」とやってきた看護学生に、協会の人はとても驚いたことでしょう。

新卒で訪問看護師になるために看護学生のときにやってきたこととは?

ミカヅキモなーしんぐさんが新卒で訪問看護師になるためにやってきたことは以下の4つでした。

①周りに発信

②情報収集

③ふっ軽で行動

④情熱と素直さを持ち続けること

「訪問看護師になりたい!」と周りに発信し続けた

「まずは発信することが一番大事!!」「発信していないと周りに気づいてもらえない」

ミカヅキさんはこのように語りました。

新卒で訪問看護師になるために、ミカヅキさんは看護学校の一個下の代までみんなが知っているくらい「新卒で訪問看護師になる!!」と周りにアピールしていたそうです。

発信していると「こういうのがあるよ」「こんな勉強会あったよ」と声をかけてもらえて情報収集に繋がったそうです。

 

念入りな情報収集

ミカヅキさんは新卒で訪問看護師になるにあたって、事前に念入りな情報収集をしていました。


情報収集の方法としては、

・周りにアピールすることで訪問看護師に関する情報を教えてもらうこと

・教えてもらったところに参加して現場の声を聞くこと

でした。


まず始めのきっかけは都道府県の訪問看護ステーション協会に飛び込みで直接訪れたことです。都道府県の訪問看護ステーション協会から「新卒の訪問看護師を受け入れるには?」というテーマの現役看護師向けの勉強会を紹介してもらい、勉強会に参加することで訪問看護師に出会い、現場の声を知ることに繋がりました。


実際に現場で働く人に話を聞くことで、いいところと悪いところを事前に把握することができ、入職後もギャップを感じずに働くことができたそうです。

ふっ軽な行動力

ミカヅキさんはフットワークがとても軽い!

でも、何も考えずに突っ走っているわけではなくて、事前に情報収集をしたうえで、必要なことを最短のスピードでやってしまうんですよね。


・都道府県の訪問看護ステーション協会に行って話を聞きに行く

・訪問看護ステーションの関係者と知り合って、見学やインターンシップに行ってみる


などなど、「聞いてみる」「行ってみる」といった行動力があるからこそ、「新卒で訪問看護師になるためにはどうしたらいいのか」という情報が集まって、自分の目指す道に向かうことができたのですね。

 

情熱と素直さを持ち続けること

ミカヅキさんのすごいところは、誰に何を言われても「新卒で訪問看護師になる!」という思いを諦めなかったことと、誰かがこれがいいよ!と話せば、すぐにその通りにする素直さがあることです。


「絶対になるんだ!」という熱い思いと、新卒で訪問看護師なんて無理だと言われても「なにくそ!!」という前のめりな姿勢があったからこそ、周りに発信したり、情報を収集したり、行動することができたのだと思います。

 

まとめ

ミカヅキモなーしんぐさんの簡単なプロフィールや、訪問看護師になりたいと思ったきっかけ、新卒で訪問看護師になるために看護学生のときにやってきたことをご紹介しました!


社会人になってから訪問看護師という仕事があるのを知り、公務員をやめて訪問看護師になるために看護学校に通うことにしたミカヅキモなーしんぐさん。


周りからは否定的な声もあった中、自分のキャリアをしっかりと考えて、早い段階で周りに発信したり、情報収集をしたり、必要だと思ったことをすぐにやっていたことに驚きます!


情熱と行動力が素晴らしいです。


「そんなのミカヅキさんだからできたんでしょ?」そう思う人も中にはいるかもしれませんが、ミカヅキさんは「僕じゃなくても誰にでもできます!」と語っていました。


看護学生さんで訪問看護師になりたいという思いがあったら、是非挑戦してほしいです♪

 

作者

名   前:かなこ
Twitter 
ブログ

【プロフィール】
出身:群馬県
看護師歴:5年目
ICUで約3年間働き、たくさんの重症な患者さんと関わってきました。病気をもっていてもその人らしく過ごせること、病気にならないよう予防をしていくことが重要だと考え退職。
1年間、看護師資格と保健師資格を生かして様々なことにチャレンジしてきました。
保健師として特定保健指導を行う中で、不健康がその人にとっての幸せになることがあると学び、一人ひとりの幸せの形を見つけるお手伝いをしたいと考えて訪問看護師にキャリアチェンジしました。縁JOYナース部のメンバー「やりたいことができないのは、受け取り手がいないから」という言葉をきっかけに、
Twitterスペースで「あなたのやりたいことを聞かせてください!〜夢を語る会〜」を主催。やりたいことを受け止めて、夢を叶えるきっかけ作りをしています。

作者