ホームページをリニューアルしました

私たちの看護部

看護部の理念

私たちは、南相馬市立総合病院の理念に基づき市民の方々の「健康保持増進及び福祉の向上」を目指し、すべての患者様に質の高い医療・看護・福祉のサービスを提供いたします。
地域の医療機関として患者様の安全を第一に考え、迅速かつ丁寧な対応と、心豊かな優しさと思いやりを持って地域の方々に必要とされる病院業務を遂行して参ります。また、救急医療の充実を図り積極的に取り組み最善の診療体制を整えて参ります。
「全ては患者様の爲に」

南相馬市立総合病院 看護部

看護部行動指針

1.「患者様の爲に」
私たちは、患者様の安全を第一に考え、心豊かな優しさと思いやりを持って最善の看護を提供できるように努めます。

2.「職員の爲に」
私たちは、看護教育制度を整え、看護師一人ひとりのキャリアアップを促し看護の質の向上を目指します。

3.「病院の爲に」
私たちは、他の施設と連携を図り健全な病院経営に参画します。

4.「地域の爲に」
私たちは、常に地域に根ざした医療・看護を提供できるよう患者様のニーズに対応できる体制を目指します。

nanso321 看護風景6 看護風景1

平成27年度看護部目標

1.安全・安心な看護の提供のため、キャリア開発への自主的取組に対する支援
2.ひとりひとりを尊重し、活気ある働きやすい職場環境の整備
3.将来の仲間を育てる教育・活動への支援
4.全職員参画による病院事業の推進

南相馬市立総合病院看護の特色

看護部では、患者様への質の高い看護の提供及び職員が笑顔で安心して働ける職場づくりのため、種々の取り組みを行っております。看護部では、患者様への質の高い看護の提供及び職員が笑顔で安心して働ける職場づくりのため、種々の取り組みを行っております。
その一環として、平成28年度から介護福祉士及び救急救命士を採用し、専門的な技能を活かした看護業務の補完及び看護師の負担軽減を図っています。

看護風景8 

看護職員の平均年齢は36.6歳(平成29年4月現在)、震災後の入職者(他病院からの異動者を含む)が約半数を占め、今までの経験を活かすと共に、新しい職場で安心して医療・看護の提供ができるようスタッフ同士の交流の機会も整えています。

平成29年度に院内保育所の建設、翌年度から保育事業を開始する予定であり、若いスタッフもワークライフバランスに配慮した勤務が可能です。

・看護方式  モジュール型継続受持方式
・看護配置  10:1
・看護単位  8単位(5病棟、外来、救急、手術室・中央材料室)
・勤務体制  二交代制(8時30分~17時15分、16時30分~9時30分 ※休憩時間を含む)
・職員数   看護職156名(助産師、看護師、准看護師)
       看護補助者8名(介護福祉士、救急救命士)
      (※平成29年4月現在。臨時・嘱託・パート職員は含まない)

看護部活動の様子

平成29年度新採用職員研修

外部研修施設において、2泊3日の宿泊研修を実施しました。

 

 

平成28年度病院忘年会

忘年会を開催し、職員の慰労、懇親を図りました。

 

 

平成28年度運動会

看護部運動会を開催し、職員の懇親を深めました。